フォレストページとB's-LOG文庫夢のコラボ!大賞作品は コミックビーズログ キュン!に掲載!お題:おとぎ話(メルヘン・童話・昔話)

B’s-LOG文庫×フォレストページコラボ企画ファンタジー小説コンクール受賞者発表!

今回開催致しました「B's-LOG文庫×フォレストページ ファンタジーノベルコンクール」に、沢山のご応募を頂きありがとうございました!
大賞作品は2011年4月15日発売予定「コミックビーズログ キュン!Vol.10」にて風都ノリ先生のイラスト付きで掲載予定です!
大賞1名:コミックビーズログキュン!掲載 図書カード5000円分
君をさがして PN.浅木舞
【ユーザー紹介文より】
モチーフは『赤ずきん』。猟師に撃たれ死に直面した狼は、魔女との契約により人間と狼、二つの姿を持つ人狼へと生まれ変わった。人の姿を得てまで狼の求めたものは、森で出会ったただ一人の少女の存在。
【編集評】

猟師に撃たれ死に瀕した狼が抱いた強い想い。丁寧に書かれた『赤ずきん』への狼の心情が、読み手にストレートに伝わりたまらなく切なくなりました。そして狼視点でありながら『赤ずきん』に近づく彼の真意もうまく隠されており、ラストまで展開を楽しませる筆力もあります。心理描写と情景描写のバランスも抜群です。さらに、大人になった赤ずきんなど、モチーフを感じつつもオリジナルとして確立されたキャラクターたちにも好感が持てました。文章力・キャラクター性・構成力・テーマ力、どれをとっても今回一番の作品でした。

入選:図書カード3000円分
カエルと魔女の花嫁探し PN.天野 仰
【ユーザー紹介文より】
むかしむかし、森に住む若い魔女がおりました。ある日、カエルの呪いをかけられた王子が訪れて泣きついてきました。呪いに解くためには、王子を愛する乙女のキスが必要。そんな姫を見つけて、キスをしたのだけれど、王子の呪いは解けなかったのです。魔女は呪いを解くために、カエルの王子とともに、愛してくれる乙女……花嫁となる娘を探しに行くのでした。
【編集評】

文章・構成が安定していて非常に読みやすかった! 携帯小説を読んでいるというより、大人向けの絵本を読んでいるような感覚を受けました。王子のカエルの呪いが解けないのは、相手がどこかリアルを感じさせる今時の女の子たちだから。ちょっと現実を思い出しかけたところでの魔女の存在は、これぞおとぎ話と安心させてくれます。ただ欲を言うと、先の展開が読めすぎて面白みにかけるのが残念。携帯小説の醍醐味である心理描写ももっと盛り込むと、感情移入しやすくストーリーも盛り上がると思います。


フェアリーテイルトリップ〜ver.シンデレラ〜 PN.ミツキ サナ
【ユーザー紹介文より】
「俺がシンデレラの王子だと?」「まあ、私がシンデレラに?」おとぎの国に召喚された少年と少女!シンデレラ物語を完成させるまで帰れないと言われるけれど、帰りたい少年は帰りたくない少女に振り回されてばかりで!?
【編集評】

現実世界に住む普通の高校生が、シンデレラの物語の主人公になったら。というありそうでなかった展開で、とても楽しく読みました。とにかく、気の強い王子と天然シンデレラのキャラクターが秀逸!! 童話の内容と2人のキャラクターがうまく混ざり合い、繰り広げる恋愛は思わず応援したくなりました。ぜひ、ほかの童話バージョンも読んでみたいです。今後の活躍に期待いたします。

佳作:図書カード1000円分
さよなら、大好きな人
【編集評】

主人公の身に降りかかるドラマチックな恋と事件。「人魚姫」のヒロインの運命になぞらえた結末はハッピーエンドとは言いがたいのですが、本当の恋の幸せとは何か、考えさせられます。テーマに合った等身大の主人公は、感情移入しやすく好印象。ただ、それぞれのキャラクターをより深く掘り下げていただきたかったです。 後半の怒涛の展開に対し、前半はやや散漫な印象も。バランスの取れた構成を心がけ、今後もオリジナリティあふれる作品を作り上げてください。

はじめての恋は、王子様と。
【編集評】

ヒロインのサラ(シンデレラ)が、恋に前向きな女の子でとても好感が持てます。物語の設定にミステリー要素も含まれていて、後半からぐっと引き込まれました。気になった点は、サラがどうしてアンドレに惹かれたのかが不明瞭なことです。もう少しアンドレとサラのやりとりがあれば、恋が芽生えたことに違和感がなくなると思います。全体の構成はしっかりしていて、とても読みやすい作品でした。

君の左手に、百花の王
【編集評】

灰をまいて花を咲かせる昔話がモチーフですが、灰=薬だったり、花=身体にあらわれる模様だったり。アイテムを上手くアレンジして独特の世界を創り上げたところはとても評価できます。ただ、物語全体がちょっと散漫で、核となるテーマはなんなのかがわかりにくかった感が否めません。この物語に一番込めたいものは何か、読者に伝えたい想いは何か。それを頭に描きつつ物語を描くと、春臣さんだけの物語が出来上がると思います。

真夜中ロンド
【編集評】

現実の婚約者がいながら、夢の中で出会う男性に心惹かれていく様子を、「人魚姫」のストーリーになぞらえて描き、一緒にドキドキさせていただきました! クライマックスに、まさか夢の人の正体が!! というサプライズがありましたが、それまでの展開がもたついてしまった感が残念です。もっとすっきりとお話を進めていければラストに向けての伏線にうまくつなげられたのではないかと思います。

シンデレラはカボチャ魔法使い。
【編集評】

ヒロインの魔法使いとヒーローの王子様のやり取りがとても面白かったです。好感の持てるカップルでした。テンポも良く、コメディタッチのストーリーに笑いながら、あっという間に読み終えてしまいました。残念だったのは、ヒロインの性格が少し卑屈な印象に見えてしまっている点でした。予想外の恋に「自分には釣り合わない……」と思うばかりではなく、前向きになるような描写を増やすと、さらに良くなると思います。全体的にはレベルの高い作品でした。

ファミコン★シンデレラ
【編集評】

軽快な文体に、巧妙なストーリー展開で、読者を飽きさせずラストまで突っ走っていく、元気のある作品でした。継母ほか、シンデレラの「悪役」たちが実はみんないい人で、よかったです(笑)。 キャラ同士を近づける立て役者であり、いい味を出している魔法使いの出番が、後半にはなくなってしまったのが残念でした。もっと、彼(彼女?)の活躍が読みたかった! そして、最終的にラブストーリーには至らなかったところも惜しい。もうひとひねり加えると、とても面白くなると思います。

蛍のヒカリを灯しましょう。
【編集評】

「シンデレラ」が魔法使いだった!? という意外なスタートからグッと物語の世界に引き込まれました。小さいころに出会った男の子が王子様だった、というお約束の展開ではありましたが、シンデレラに親友の女の子を登場させ、彼女の恋にもスポットが当たったことでうまくどんでん返しがハマった感じでした。できれば、もう少し物語に起伏があってもよかったかと思います。淡々と流れてしまったのがもったいない印象です。

読者人気賞:B‘s-LOG文庫 えんため大賞受賞作 文庫12冊詰め合わせ
【ユーザー紹介文より】

ユダヤの王エロデの姪であり王妃の娘であるサロメは偶然ヨカナーンという美しい青年に出会う。サロメは一目でヨカナーンに恋をする。だが、ヨカナーンはその想いを決して受け入れない。サロメの想いは日毎に募り、次第に狂気を帯びたものになる。そんなある日、舞を舞った褒美にサロメはヨカナーンの首を乞い、それを得て、自分も殺される。だが死してなお、ヨカナーンへの想いは絶えることなく、情念の炎が燃え続けるサロメだった……。

B's-LOG編集部より総評

総数400通を超える応募、本当にありがとうございます。今回は、「おとぎ話、昔話」にテーマを絞って作品を募集しましたが、どれもみなさんの想いがこもった力作ばかりでした。中には、書籍化を真剣に考えた作品もあります。普段私たちが制作している紙書籍の組み方とは違った、携帯小説独特の行間や文章回しに、私たちも刺激を受け、新しい作品作りへの意欲を掻き立てられました。
ただ、みなさんが創る作品でもB's-LOG文庫でも、共通して大事なのは作品のオリジナリティです。特にテーマを定めたことで、オリジナリティを出すということにはっきりと差が出ました。さらに2万字という限られた文字数で個性を出すには、モチーフを上手く使うことが必須条件になります。今回選ばれた10作品は、その中でも起承転結がきちんとある物語になっていたものでした。

今回大賞を受賞された浅木舞さんの「君をさがして」は、紙媒体『コミックビーズログ キュン!』に掲載させていただきます。選考時、この作品はどのような形式で発表しても心に残る作品であるというのが満場一致の意見でした。フォレストページさんで発表されているものと、『コミックビーズログ キュン!』に掲載するもの、ぜひ両方をごらんください。ひとつの作品でも違う楽しみ方になるかもしれないと、私たちも楽しみにしています。

最後になりましたが、この場をお借りして、コンテストを企画いただきましたフォレストページの皆様にお礼申し上げます。様々な面白い作品に出会えたことは、編集部として幸せなことです。
これからもたくさんの面白い作品が世に生まれることを期待しています。